当社は保線用車両「マルチプル・タイタンパー」のパイオニア、スイス・マティサ社の日本正規代理店です。

 

 マルチプル・タイタンパー(略称マルタイ)は、多頭型突き固め装置を装備する保線用車両で、歪んだ線路を修正するための車両です。営業列車が往来する線路は徐々に状態が悪化してしまう為、元に戻す必要があります。そこで、元の状態に戻すために欠かせないのがマルタイです。

 「軌間・水準・通り・高低・平面性」の5つの数値が悪化すると、乗り心地が悪くなり、最悪の場合、脱線にもつながりかねません。クランプを用いてレールを持ち上げ、かつガイディングコンピューター(CATT)により、線形を計算し、枕木の下に砂利をタンピングすることにより、レールを正常の位置に戻します。最終的には、作業後に、5m正矢弦の計測輪により、仕上がり線形を計測し記録いたします。レールの持ち上げ~タンピング(突き固め)・仕上がり検測の一連の流れをスピーディーにできるのがマルタイです。

マルチプル・タイタンパー(マルタイ) 日本国内向け3つの製品ラインアップ

B35小型マルタイ(直線/分岐)

全長16m、軸重12t以下と小型でかつ低予算でご提案可能なマルチプル・タイタンパーです。小型でありながら、直線・分岐に対応可能で、クランプ・タンピング性能は大型マルタイと同等のスペックを誇ります。稼働率は600m/hです。仕上検測可能です。


お客様の要望に合わせた豊富なオプション設定も備えています。
オプション例)分岐用ブラシとホッパー、一般軌道検測、一般軌道用ブラシと軌道検測、バラストスイーパー、

       コンパクター

B56Cラインマルタイ(直線)

全長30m、軸重15tの大型ライン(直線)マルタイです。狭軌の在来線で使用可能な日本仕様です。4基独立C型タンピングユニットを搭載し、タンピング支障箇所減少に貢献いたします。また、シャトルにより乗り心地も改善されています。稼働率は800m/hです。


【納入実績】

・ユニオン建設株式会社 湯本出張所様(常磐線 2020年)

・株式会社交通建設 熊谷工事所様(高崎線 2021年)

B45UENスイッチマルタイ(直線/分岐)

全長29m、軸重15tで一般軌道・分岐器両用のマルチプルタイタンパーです。分岐器類対応の為に、4基独立C型タンピングユニットを搭載しています。
非常走行装置を備え、万が一夜間作業中、線路上でエンジン停止しても予備モーターにより近くの待避所へ移動可能です。また、SRTシステムにより、支障物をAIで検知可能です。稼働率は650m/hです。


【納入実績】

株式会社交通建設 川崎工事所様(東海道線/京浜東北線 2021年)

スイス・マティサ社について

 スイス・マティサ社は、1945年に保線機械メーカーとして発足、70余年の歴史と伝統を誇り、高い技術力を有します。現在、世界100カ国以上に納入実績があり、日本ではマルチプル・タイタンパー、軌道検測車を中心に、340台の保線機械を納入しました。
 
各マルタイ42Hzの高周波楕円運動タンピングを備え、振動エネルギーを効率的に伝達し、充分な仕上がりを期待できます。

マティサ社歴史(マティサHPはコチラ

<開発一覧>
1945  ザ・スタンダード(写真左)
1960  レベリングダンバー BN 60
1960’s レベリング・ライニングダンパー BNRI 85(写真右)
1970’s 分岐用レベリング・ライニングダンパー B 133