令和元年6月26日、株式会社ヤシマキザイは、東京証券取引所市場第二部に上場致しました。

創業以来71年目で、当社の着実な成長の歩みが、評価されたものと思います。

当社は鉄道業界、その中でも車両関係部品の取扱いを中心に成長してまいりましたが、鉄道業界は裾野が広く、取組みたい仕事はまだまだ無数にあります。

また海外に目を転じると、環境問題や社会問題の解決策として、鉄道インフラの整備が進んでおり、当社の活躍の場がさらに広がっていくと考えております。

上場によって社会的認知度も高まり、当社への追い風となります。

これからも鉄道・交通ビジネスに強い専門商社として、限りの無い成長を目指してまいりますので、皆さま方の益々のご支援とご指導をお願い致します。

ヤシマキザイは“鉄道・交通ビジネスに強い専門商社”として、昭和23年の創業以来、北海道から九州に至る全国の営業拠点のみならず、海外拠点もベースに活動を続けて参りました。

その間、国鉄民営化やリーマンショックなど、数多くの非常に厳しい環境の変化を経験してきました。

しかし、苦しいときにこそ、社員一人ひとりが、自らの果たすべき役割を見つめ直し、お客様の立場に立った行動を心がけた結果、成長を持続させることが出来ました。

このような環境の変化に対する“動態的適応力”こそが、私たちヤシマキザイの最大の強みです。

今後、さらに加速すると予想される、交通ビジネスの海外展開にも迅速に対応をするため、当社はグローバル人材の育成に力を注いでいきます。

これからも、ヤシマキザイは更なる変化、大いなる成長を続け、社業を通じて社会の発展に寄与するべく、力の限りを尽くして参ります。